結婚指輪の必要性

結婚指輪の意味と必要性

結婚指輪の意味と必要性とは

結婚指輪は結婚の誓いとして結婚式で取り交わす指輪のことで、夫婦おそろいのデザインが多いです。リングの丸い形は永遠の約束を意味し、それを付ける薬指は心臓からつながる大切な血管があると言われていて、それが永遠の愛を示すものとしてつけられるようになりました。結婚指輪をつけることで、離れている時間でも相手を感じ、その安心感や責任感、信頼感を得ることができます。毎日つけ続けるものなのでシンプルで飽きのこないデザインが好まれる傾向になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 指輪に日付の刻印をする All rights reserved