結婚指輪を選ぶ時は

結婚指輪は丈夫な素材を

結婚指輪は丈夫な物にする

結婚をした時に渡す結婚指輪は、これから一生使って行くつもりで作る物なので、出来る限り丈夫な素材にする事が大切です。金属の中でも硬い分類に入るのがプラチナです。これは歪みや割れる事も少ないので一般的に結婚指輪として使われています。また金を使う人は、18金以下の物にする事が良いです。24金や18金は柔らかく、毎日はめていると必ず歪んで来てしまい、形を治さなければならなくなるのです。銀の場合には酸化しやすいのでほとんど使わないのです。そのため選ぶ時には丈夫な素材で作られている物が良いのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 指輪に日付の刻印をする All rights reserved